配偶者の不倫相手に不倫をやめるように警告したりする時などに、使用したりします。通常の手紙よりも、こちらの真剣度を示すことができ、交渉のテーブルにつかす事等が期待できます。

また○月○日に確かにこういう内容の物を送ったという証拠として、裁判時などに提出することが可能です。
相手方の出方によっては、時効の中断の効果を得られることもあります。

こんな時に使われる

  • 別居中の婚姻費用(生活するための費用)を請求する場合
  • 家を出て行った相手に対して離婚の協議を申し出る場合
  • 財産分与を請求する場合
  • 養育費を請求する場合
  • 不倫の相手方への慰謝料請求
  • 夫の不倫相手への交際中止を求める場合
  • 子供の面接交渉を請求する場合

料金(税込)

    21,600円
    ※上記金額には、消費税、郵送料が含まれております。

料金に含まれるもの

  • 内容証明作成に関するご相談
  • ご希望があれば、メール、電話のみで対応できます
  • 作成、発信手続き郵送料込
  • 2枚以内(3枚以降1枚当たり250円追加)

ご依頼者様に行っていただくこと

  1. 内容証明に載せる内容の根拠となる事実を当事務所にお伝えください。
  2. 発信により、どのような効果を期待するのかを当事務所にお伝えください。
  3. 作成した内容証明原案を、修正・確認をして頂くこと
  4. 完成した内容証明に、契印をご捺印を頂くこと

お申込み

お電話にて054-374-4811ご依頼頂くか、お申込みフォームからお申込み下さい。
なお、当事務所では、上記のこんな時に使われるのケースに関しての内容証明にのみご依頼頂く事ができます。